注目情報

  1. ホーム
  2. 注目情報

臨床試験のシステムが壊れ、悪い方向に向かっているーFDAのベテラン審査医官が憂慮

2014-03-05

(キーワード:臨床試験システムの破綻、FDA審査医官憂慮、安全性軽視、脱落データの扱い)

臨床試験システムが壊れ、悪い方向に向かっている。そうした米国FDAのベテラン審査官の憂慮をBMJ誌電子版2013年12月5日号が伝えている。

以下はその要旨である。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 トーマス・マルチニィアク氏は、メイヨー・クリニックで経験を積んだ医師で、この11年間はFDAで審査医官を務めている。彼は、「反抗者」(rebel)や「一匹オオカミ」(lone wolf)とのあだ名が付けられており、上司としばしば対立しながらも信念をもって仕事をしている。「自分には連邦の雇用者(公務員)としてではなく、ひとりの善悪をわきまえた(ethical)個人として、公衆衛生を脅かすエビデンスを知ったならば、それが自分に割り当てられた仕事であるかどうかに関わりなく報告する義務がある」との彼の言葉が、そのことを示している。

 「臨床試験システムは壊れている。そしてますます悪くなっている」−彼がBMJ誌に語った言葉である。

 彼は、FDAの循環器・腎チームで、企業が提出するデータを分析してきた。彼は、そこでのキャリア経験を通して、臨床試験の計画から実施、そしてデータの統計解析に至るまで、臨床研究の全過程を批判的に厳しくみる眼を身に付けた。企業が自ら定めた倫理憲章をも無視していると感じることがしばしばあった。販売マシンになってしまっているのである。彼は、企業に国民の健康と生命に直接関係することを扱っている自覚を深めるよう求めてきた。

 彼が力を入れてきた問題に、欠測値 ※ の問題がある。臨床試験には、多くの欠測値があり、それらが正しく扱われるか否かが結論をも左右する。彼は、抗血小板剤チカグレゴールなどで、欠測値が適切に対処されていない問題を追及したが、上司は、そうしたことに多くの時間を費やす彼を快く思わなかった。

 安全性問題は、彼が上司と争いながらも心血を注いで重視してきた問題である。争いとなった代表的な問題のひとつに、ロサルタン(商品名ニューロタン)やバルサルタン(商品名ディオバン)などの降圧剤ARB(アンジオテンシン脅容体拮抗剤)の、発がん性問題がある。2010年のランセット・オーンコロジー誌は、68,402症例の集積データを検討し、降圧剤ARBを服用した患者が服用しない患者と比べて新たながんのリスクを11%、新たな肺がんリスクを25%増加させることを示した。1年後米国FDAと欧州医薬品庁は、問題ないと結論したが、彼は納得せず、患者レベルのデータに当たり、ARBががんのリスクを増大させる確信を深めた。彼は、米国民の命にかかわることと上司に訴えたが、上司は現在その問題に関われる人手がないと拒否した。

 2010年に行われた彼の医薬品評価によって使用を大きく制限された糖尿病治療剤アバンディア(一般名ロシグリタゾン)、がその制限を解かれようとしている。

 彼は、企業がすべての臨床試験データをコントロールしている現状では、データが正確で完全であるかどうかを確認するのは非常に難しいと述べ、研究者が臨床試験の電子データを規制庁とスポンサーに同時に送ることやランダム化を、企業でなく規制庁で行うことなどを提言している。

※ 欠測値とは、記録されるべきであったが、何らかの理由で記録されていず空白となったデータをいう。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 マルチニィアク氏は、「企業がすべての臨床試験データをコントロールしている現状では、データが正確で完全であるかどうかを確認するのは非常に難しい」と述べている。解決の方向に向かわせるには、コクラン共同計画やBMJ誌が求めている臨床試験登録の徹底、全臨床試験データの公開(※1、※2)が不可欠である。
 また例えば新薬承認の根拠となる第形衄羈嗄彎音邯海2つ以上が必要で、それらのうち1つは当該製薬企業とは独立の組織が実施したものとする(※3)などの取り組みが必要である。                                   (T)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------