タイアップグループ

  1. ホーム
  2. タイアップグループ
  3. タイアップ福岡

タイアップ福岡

役員・会員数

代表
猿渡 圭一郎(薬剤師)
副代表
八尋 光秀(弁護士)
事務局長
古賀 克重(弁護士)
事務局次長
中山 篤志(弁護士)
会員数
70名 準会員約100名
(準会員とは、一時期会員であった方や集会に参加した方の中から希望する方を登録して、集会・会議の案内を送付するメンバーです)

事務局

〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-5-25ー3F
古賀克重法律事務所内
TEL 092-735-1195 FAX 092-735-1196

活動の特色

タイアップ福岡の特徴は、市民オンブズマン福岡・薬害肝炎訴訟を支える支援連絡会と人的に交流している点です。市民オンブズマン福岡が、寄付金により購入した中古マンション1室を共同事務所としています。

本年度の活動内容

タイアップ福岡では、薬害肝炎訴訟の支援を行ってきましたが、昨年からB型肝炎訴訟の支援も併せて行っています。
集団予防接種では注射針や筒が滅菌処理されることなく使用されたことで、全国に多くのB型肝炎ウィルス感染者を生みました。17年間の闘いの末に最高裁は国の責任を認めましたが、国は、最高裁判決を5人の原告だけのものとして、被害者全員の救済に動きせんでした。そのため、昨年、札幌、福岡、東京、大阪広島などで集団提訴がされました。
この裁判は、個別原告の救済のみならず、ウィルス性肝炎患者全体の恒久対策を目指しており、薬害肝炎訴訟の理念と共通しています(勿論、抗ウィルス剤の治療助成といったB型肝炎固有の問題もあります)。
タイアップ福岡は、このようなB型肝炎訴訟の意義を受け止めて、支援活動を行っています。
不定期に開催されている支援連絡会では、患者会、学生、医療従事者、弁護士が楽しく、真剣に会議をしています。薬害肝炎訴訟、予防接種B型肝炎訴訟も解決に向けて一定の道筋が立ちましたので、今後は薬害オンブズパースンの支援活動にも力を入れていきたいと思います。