注目情報

  1. ホーム
  2. 注目情報

欧州医薬品庁(EMA)で承認された抗がん剤の半数が全生存期間(OS)の延長と生活の質(QOL)の向上が確認されていない

2018-10-25

(キーワード:抗がん剤 生存期間の延長と生活の質の向上 EU-EMA) 

 EMAで承認された抗がん剤の全生存期間(OS)の延長と生活の質(QOL)の向上について、承認時および承認後で、その有用性が確認されている薬がどれだけあるか調査したレポートを紹介する。この調査は、医薬領域に精通した社会科学者のCoutneyDavisを中心とした、ロンドンのキングスカレッジの癌政策研究所プロジェクトに関連したもので、BMJに掲載されたものである(※1)。
---------------------                              
 2009年から2013年の5年間にEMAにより承認された抗がん剤を対象に、承認時および承認後に行われた試験において、OSの延長とQOLの向上が示されているかを調査(レトロスペクティブコホート試験)。

 この期間にEMAは48成分68適応症の抗がん剤を承認。その内、承認時に明確なOSの延長が認められたのは24適応(24/68・・35%)、その延長年数は1~5.8ヵ月(平均2.7ヵ月)。同じくQOLの向上が認められたのは7適応(7/68・・10%)であった。承認時にはOSの延長は認められなかったが、その後の調査で認められたものは3適応、QOLでは5適応であった。実に、承認時と承認後平均5.4年の観察期間(3.3~8.1年間)を合わせても、OSの延長が確認されたのは35適応、同じくQOLの向上では33適応で、EMAが承認した68適応の抗がん剤のおよそ半数しかないという結果である。

 医薬品が許可されるには、無作為化比較試験など、良くデザインされた有益な臨床試験を行い、その試験にて、薬物のもつ毒性および有害性を上回る有効性と、患者に対する明らかな有益性を、医薬品承認機関に示さなければならない。また、がん治療の目標は、OSの延長とQOLの向上がエンドポイントとして求められているが、近年の臨床試験では、OSの延長を確認するまでの試験はされることなく、代替えエンドポイントのみで、承認申請資料として扱われている。その代替エンドポイントは薬物の薬理作用の証明にはなっても、OSの延長やQOLの向上を裏付けるためには信頼性の低いものである。

 これまで欧州においてEMAが承認した抗がん剤で、そのOSの延長とQOLの向上について、承認時および承認後に証明されているかどうかの調査はされていない。今回の調査により、2009年から2013年にEMAによって承認された新しい抗がん剤のOSの延長およびQOLの向上が明確に証明されないまま上市されており、承認後にそれが証明されたものも僅かであること、また、抗がん剤の有効性がOSおよびQOLのような主要評価項目として適切な指標が用いられず、腫瘍縮小効果など副次評価項目の結果をもって承認されていることが明らかとなった。

 臨床的に意義ある利益が不足している状況で薬が承認され、使用されるということは、患者と公衆衛生にマイナスの影響を及ぼしかねない。そして、有用性に欠けた高価な薬が承認されるということは、重要な社会資源の無駄となり、個々の患者に対し、適切で利用可能な治療の機会を阻害することになるであろう。
-----------------                           
 日本においても、比較対照にプラセボを用いることが困難であり、症例が少ないことを理由に、無増悪生存期間および腫瘍縮小効果などの代替エンドポイントのデータで申請される抗がん剤は少なくなく、承認後に、適切な試験で有効性が明確にされているとは言い難い。そして、昨年10月より「条件付き早期承認制度」が施行され、この状況を更に深刻にしていくことが危惧される(※2)。この制度では、重篤で有効な治療方法が乏しい疾患の医薬品に限るなどの条件はあるものの、第形衫彎音邯海覆標‐敕臨床試験を省略し、探索的臨床試験段階での申請を可能としている。そして承認後の評価においても、必ずしも検証的臨床試験は必要とされず、リアルワールドデータの活用を可能としているのである(※3、※4)。

 本来、薬の有効性、安全性は無作為化比較試験(RCT)や盲検などで評価されるべきだが、それが要求されず、有効性、安全性が適切に評価されないまま、患者は薬を使用し続けることとなる。
 
 現在、世界そして日本で多くの抗がん剤がデビューしている。その時点で確固とした有用性や安全性が示されるべきという条件は厳しいが、市販後の適切な臨床試験によって評価がされること、それらがきちんと実行されることは、抗がん剤では切に望まれる。(N.A.)